2016.05.08 Sunday

『Liberation』掲載

2016年5月7・8日付、フランスの新聞『Libération』に写真展「Tryadhvan」の記事が掲載されました。


2016.05.07 Saturday

第50回キヤノンフォトコンテスト

第50回キヤノンフォトコンテストにて、ポートレート部門とヤング部門の審査員をつとめさせて頂きます。皆さまのたくさんのご応募、心よりお待ちしております!
詳細はこちらへ→http://cweb.canon.jp/photocontest/index.html

2016.05.07 Saturday

『文學界』掲載

雑誌『文學界』2016年6月号(文藝春秋 発行)、巻頭表現のページに『一山』より写真が掲載されました。



 

2016.05.05 Thursday

KG物販のお知らせ

「KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭」メイン会場である長江家エントランスにて、写真集などの販売をしております。新作『Tryadhvan』(EMON Inc.)の限定版や、昨年の「KG+」グランプリ受賞作『一山』(赤々舎)の特装版と通常版(作家サイン入り)、さがみはら写真新人奨励賞『浅草善哉』(青幻舎)の写真集を取り揃えております。
どうぞお気軽にご覧くださいませ!

2016.05.05 Thursday

『Le Monde 』掲載

2016年5月2日 付、フランスの新聞『Le Monde』文化面に、写真展『Tryadhvan』の記事が掲載されました。

Dans l’exposition de la Japonaise Eriko Koga, le bouddhisme imprègne les images. Dans une machiya du XIXe siècle, la jeune femme déroule, comme sur un rouleau japonais, les images intimes de son quotidien et de son corps, récemment bouleversés par l’attente et l’arrivée de son premier enfant. Mais la vie de son foyer s’avère bien particulière : elle a épousé un moine. « Nous vivons dans un temple, mais c’est une vie très normale, et un boulot normal, assure-t-elle. La seule chose vraiment différente, c’est qu’avec les funérailles qui sont célébrées, la mort est très proche de moi. Une naissance est le résultat de beaucoup de décès… » Elle a donc intégré à son travail, entre des images fugitives de son ventre qui grossit ou de détails de son environnement, d’anciennes photos de famille. Et intitulé son exposition « Tryadhvan », en référence à un concept bouddhiste sur l’illusion des trois temps – passé, présent, futur. 
par Claire Guillot

 

2016.04.29 Friday

“Tryadhvan” 写真集 限定版発売

KYOTOGRAPHIE 2016出展記念作品集、古賀絵里子『Tryadhvan』のご予約受けを開始いたします(限定50部)。どうぞよろしくお願いいたします!
詳細はこちらまで→EMON PHOTO GALLERY 

2016.04.29 Friday

総本山妙満寺ツアー

新作“Tryadhvan”の撮影舞台となったお寺を写真家・古賀絵里子がご案内いたします。総本山妙満寺は「雪の庭」や「安珍・清姫伝説の鐘」で知られる1389年創建の古刹。僧侶による拝観説明付きです。また、「KYOTOGRAPHIE」のサテライトイベント「KG+」の会場でもある妙満寺の大書院では、写真家・小林秀雄による写真展と彫刻家・増井岳人による「安珍・清姫伝説の鐘」の大変美しいインスタレーション作品を展示しております。寺院拝観や展示作品をご紹介しながら、皆さまと楽しくお話できますこと、心より楽しみにしております。(要予約)
詳細はこちらをご覧下さい→http://www.kyotographie.jp/event/eriko-kogas-temple-the-myomanji-tour

2016.04.29 Friday

α-STATION ラジオ番組出演

京都のラジオ番組、α-Station FM KYOTO「SWEET'N MARBLE LOVERS」supported by GRAND MARBLEにゲスト出演いたします。DJ MAKOTOさんと一緒にリラックスしたひと時をお過ごし下さい。
5月1日(日)午後7時〜午後7時30分 放送

2016.04.24 Sunday

門川大作市長ご来場

”KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2016” 初日、京都市長の門川大作様が、古賀絵里子写真展 “Tryadhvan” へご来場されました。京都市指定有形文化財の「長江家」で開催されております本展示は、私が胎内に宿した新たな生命を軸に、心に映った日々の暮らしや静物、自分自身や夫などを撮影した新作です。
門川市長には今回初めてお目にかかりましたが、お酒を呑みながらずっとお話を聞いていたくなるような、人間味溢れる知性豊かな方でした。ご自身がいつも着物姿でいらっしゃることも含め、京都への深い愛情が伝わってきました。門川市長のFBでも本展示についてご紹介くださっています。ありがとうございます!
また、キュレーターはフランス国立造形芸術センター写真部門チーフのパスカル・ボース氏、展示デザインはジオ・グラフィック・デザイン・ラボ様によるものです。皆さまのご来場を心よりお待ちいたしております!

本展に多大なるご支援をいただいた皆様に、心より御礼を申し上げます

GRAND MARBLE
フージャース コーポレーション
立命館大学
京都市指定有形文化財 長江家住宅
キャノンマーケティングジャパン(株)
Aflo Atelier
フレームマン
TAKESADA


写真展:古賀絵里子 | Tryadhvan(トリャドヴァン)

会場:京都市指定有形文化財 長江家住宅 
   京都市下京区新町通仏光寺上ル船鉾町394
開館:4/23(土)~5/22(日)10:00~19:00 (5/11 閉館)
入場料:一般=600円、学生=400円(KGパスポートもご利用可)
※文化財保護のため、靴下などの着用をお願いしております。貸し靴下もございます(無料)


2016.04.24 Sunday

KYOTOGRAPHIE 2016 開幕

"KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2016" 、いよいよ開幕しました。
4月23日のオープニングパーティーでは、主催者である仲西祐介さんとルシール・レイボーズさんによる出展作家とその展示紹介や、門川市長によるスピーチ、樽酒の鏡開きなどからはじまり、華やかで盛大な式となりました。4月23日〜5月22日まで、京都を舞台に一か月間開催される「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2016」、さらにそのサテライトイベント「KG+」も併せてご堪能ください!






 
1 / 17 >>

news

categories

archives

others