2016.04.24 Sunday

門川大作市長ご来場

”KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2016” 初日、京都市長の門川大作様が、古賀絵里子写真展 “Tryadhvan” へご来場されました。京都市指定有形文化財の「長江家」で開催されております本展示は、私が胎内に宿した新たな生命を軸に、心に映った日々の暮らしや静物、自分自身や夫などを撮影した新作です。
門川市長には今回初めてお目にかかりましたが、お酒を呑みながらずっとお話を聞いていたくなるような、人間味溢れる知性豊かな方でした。ご自身がいつも着物姿でいらっしゃることも含め、京都への深い愛情が伝わってきました。門川市長のFBでも本展示についてご紹介くださっています。ありがとうございます!
また、キュレーターはフランス国立造形芸術センター写真部門チーフのパスカル・ボース氏、展示デザインはジオ・グラフィック・デザイン・ラボ様によるものです。皆さまのご来場を心よりお待ちいたしております!

本展に多大なるご支援をいただいた皆様に、心より御礼を申し上げます

GRAND MARBLE
フージャース コーポレーション
立命館大学
京都市指定有形文化財 長江家住宅
キャノンマーケティングジャパン(株)
Aflo Atelier
フレームマン
TAKESADA


写真展:古賀絵里子 | Tryadhvan(トリャドヴァン)

会場:京都市指定有形文化財 長江家住宅 
   京都市下京区新町通仏光寺上ル船鉾町394
開館:4/23(土)~5/22(日)10:00~19:00 (5/11 閉館)
入場料:一般=600円、学生=400円(KGパスポートもご利用可)
※文化財保護のため、靴下などの着用をお願いしております。貸し靴下もございます(無料)


news

categories

archives

others